ぼく牧師 〜聖書研究・礼拝メッセージ、ときどき雑談〜

岐阜市の華陽教会にいる牧師個人のブログ

『天使の所業が容赦ない』 ヨハネの黙示録8:1〜13

聖書研究祈祷会 2019年11月13日 【本当に天使?】 多くの場合、天使という存在は優しさと清らかさの象徴として描かれます。たとえば、ある人を指して「まるで天使のようだ」と言っているのが聞こえれば、その人が、無垢で優しく思いやり深い性格であることが…

『まるで魔王の玉座』 ヨハネの黙示録4:1〜11

礼拝メッセージ 2019年11月6日 【普通逆では?】 神様のいるところって、皆さんはどんなイメージですか? たぶんパッと心に思い浮かぶのは、いわゆる「天国」のイメージですよね。 ふわふわとした雲の上、真っ白な衣を着た天使たちが行き交い、清らかな音楽…

『死なずにすむなら』 創世記3:1〜19

礼拝メッセージ 2019年11月3日 【どうして死ぬの?】 「死なずにすむなら」……誰もが一度は考えたことがあると思います。自分自身の死を恐れるとき、愛する人の命が尽きようとしているとき、「もっと生きられたら」「死が訪れなかったら」と、私たちは繰り返…

『本当に私のことが分かってる?』 ヨハネの黙示録2:1〜11

聖書研究祈祷会 2019年10月30日 【分かってないんじゃ?】 毎日誰かに文句を言われ、対立する人たちを仲裁し、けれど誰にも感謝されず、ひたすら我慢しながら過ごしている。 色んな人の声を聞き、守るべきことは守るように、正すべきことは正すように、時間…

『闇に名前をつけました』 創世記1:1〜5、24〜31

礼拝メッセージ 2019年10月27日 【なくしてほしいもの】 世の中から消え失せてほしいと思うもの……皆さんには何かあるでしょうか? 花粉の季節には杉を焼き払いたい、寝付けない夜は蚊に滅んでほしい、台所で黒光りするアレには早く全滅してほしい…… 何かしら…

『信仰生活キツすぎません?』 ヘブライ人への手紙11:32〜12:2

礼拝メッセージ 2019年10月20日 【命がけですか?】 「柳本先生……先生は現在、何かに命がけで打ち込んでおられますか?」……ある方にこう聞かれてから、私は未だに返事が返せていないんです。 本当は牧師をしている人間ですから、「命がけで神様にお仕えして…

『ヘブンズ・ドアー』 コリントの信徒への手紙二3:1〜18

聖書研究祈祷会 2019年10月16日 【あなたがたは手紙?】 「あなたがたは、キリストがわたしたちを用いてお書きになった手紙として公にされています」……宣教者パウロが、コリント教会の人たちへ送った言葉。 これを聞いて、私はつい『ジョジョの奇妙な冒険』…