ぼく牧師 〜聖書研究・礼拝メッセージ、ときどき雑談〜

岐阜市の華陽教会にいる牧師個人のブログ

礼拝メッセージ

『たとえているのに分かりにくい!』 箴言3:1〜8、ルカによる福音書8:4〜15

2019年2月17日 【正しい意味が知りたい】 誤った教えではなく、正しい教えが聞きたい。乱暴な解釈ではなく、適切な答えが知りたい。たぶん、多くの人はそう思って、教会へ聖書の話を聞きに来るんだと思います。実際、今日読んだイエス様の教えも、ただ聞いて…

『もう少し質素にできません?』 エレミヤ書13:12〜17、ルカによる福音書5:33〜39

礼拝メッセージ 2019年2月3日 【悔い改めと断食】 「新しい服と古い服」「新しいぶどう酒と古いぶどう酒」両者は決して相容れない……ちょっとドキドキしてきませんか? 新しいものと古いものが対立し、互いに受け入れられないという話、私たちの周りにもけっ…

『私の期待を返せ!』  ルカによる福音書4:16〜30

礼拝メッセージ 2019年1月20日 【期待を裏切った宣教師】 渋谷で伝道師をしていた頃、耳にタコができるほど聞かされた名前がありました。華陽教会と同じく、メソジスト教会の背景を持つ宣教師、バークレー・フォーエル・バックストンという先生です。日本で…

『離れてほしい、来てほしい』 ルカによる福音書5:1〜11、使徒言行録16:11〜15

2019年1月13日 【近づいてほしくない】 何でこんなときに! というタイミングでやって来る人って、ときどきいますよね。ちょうど穴あきの靴下を履いてきてしまった日に、自分の両親と出会う。全身汗だくで服の上から塩が噴いてしまった日に、憧れの恩師が訪…

『閉じ込められたら』 ヨシュア記3:1〜13、ルカによる福音書3:15〜22

礼拝メッセージ 2019年1月6日 【新しいスタート】 「新しい歌を主に向かって歌え。全地よ、主に向かって歌え!」……力強い招詞と共に、今日の礼拝が始まりました。新年おめでとうございます。2019年最初の日曜礼拝は聞いてのとおり、新しい始まり、新しいスタ…

『こんなところが?』 エフェソの信徒への手紙1:15〜23

元旦礼拝 2019年1月1日 【新しい気持ち?】 「新しい年を迎えて、新しい歌を歌おう」「過ぎ去った日々の悲しみ、様々な憂いは全てキリストの御手に委ねよう」……年の始めによく歌われる讃美歌ですが、皆さんはこの言葉どおり、新年を迎えて、新しい気持ちにな…

『救い主が生まれて不安になった』 マタイによる福音書2:1〜12

礼拝メッセージ 2018年12月30日 【不安になっちゃった】 救い主が生まれて不安になった……なんて罰当たりなタイトルでしょう? せっかくこの前、イエス様が誕生したことをお祝いするクリスマスを迎えたばかりなのに! もう少し、クリスマスの余韻を楽しみたい…

『とんでもない知らせ』 ルカによる福音書1:26〜38、2:1〜7、2:8〜17

クリスマス・イブ礼拝 2018年12月24日 【喜びの知らせ?】 クリスマスがやって来た……あなたにとって、それはどんな知らせでしょうか? 友達とわいわい楽しむ夜、家族と久しぶりに過ごせる日、恋人と過ごす大切な時間がやって来た。あるいは、誰かにプレゼン…

『恐ろしかったんだ』 ミカ書5:1〜3、ルカによる福音書2:1〜20

礼拝メッセージ 2018年12月23日 【恐怖の中のクリスマス】 とうとうこの日がやってきました。本来は25日まで、あと2日ありますが、私たちは今日クリスマスを祝います。救い主イエス・キリストの誕生をお祝いする日、そんなめでたい日なのに、ちょっと似つか…

『すぐには喜べない』 ルカによる福音書1:5〜20

礼拝メッセージ 2018年12月16日 【もうすぐクリスマスだけど】 「ヨルダンの岸で、洗礼者叫ぶ。目覚めてよく聞け、主がすぐ来られる」……先ほど歌った讃美歌の言葉、いったい誰のことを歌っているのか、皆さんは分かったでしょうか? 教会に長年通っている人…

『タダ飯が食えるよ』 イザヤ書55:1〜10

礼拝メッセージ 2018年12月9日 【招いちゃっていいの?】 「来て、銀を払うことなく穀物を求め、価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ!」冒頭から、かなり太っ腹な言葉が聞こえてきました。聖書の中で、たいていは裁きと審判を強調する預言者が、ここまで…

『はよ救って……』 エレミヤ書33:14〜16、ルカによる福音書21:25〜36

礼拝メッセージ 2018年12月2日 【アドヴェントに何を待つ?】 今日から私たちは、アドヴェントの時期に入りました。アドヴェントというのは「到来」という意味のラテン語から来た言葉で、救い主イエス・キリストの到来したクリスマスを楽しみに待つ4週間です…

『ギャップがすごい王様』 サムエル記下5:1〜5、ルカによる福音書23:35〜43

礼拝メッセージ 2018年11月25日 【収穫したけど】 「刈り入れの主をほめたたえよ」……メロディーを聞くだけで、自然とワクワクしてきた方もおられるでしょう。今歌った賛美歌は、神様から与えられた実りと恵みに感謝する収穫感謝の賛美歌です。わざわざ私が口…

『私が何だって言うんです?』 出エジプト記3:1〜15

礼拝メッセージ 2018年11月18日 【なぜか選ばれてしまった】 以前、私が牧師になるための試験を受けるとき、推薦を受ける教区の教師からこんな質問を受けたことがあります。「あなたは神様からちゃんと召命を受けていますか?」……召命というのは、キリスト教…

『ゆるしてくれますか?』 創世記9:8〜17、ローマの信徒への手紙5:12〜21

礼拝メッセージ 2018年11月4日 【死ぬ前の不安】 今日は、召天者記念礼拝です。いつもと違って礼拝堂の前に、亡くなった方々の写真がズラッと並んでいます。これは別に、今から怪しげな儀式をしようというのではありません。私たちが地上の教会に集まってき…

『良い知らせと悪い知らせがある』 ヨブ記38:4〜18、使徒言行録14:8〜20

礼拝メッセージ 2018年10月28日 【良い知らせと悪い知らせ】 「良い知らせと悪い知らせがある」……ハードボイルドな小説か映画のワンシーンに出てきそうな言葉が、今日のメッセージのタイトルでした。一週間、教会の前に貼り出されていた礼拝案内を見て、道行…

『信仰によってないでしょ!』 出エジプト記2:11〜22、ヘブライ人への手紙11:23〜28

礼拝メッセージ 2018年10月14日 【信仰によって生きなさい】 信仰によって生きなさい……教会にいれば、耳にタコができるくらい聞いてきた言葉、くどいほどメッセージのタイトルで見てきた言葉、聖書にも繰り返し出てきた言葉です。皆さん、お馴染みのテーマが…

『何に従えばいいんです?』 使徒言行録5:27〜42

礼拝メッセージ 2018年10月7日 【世界宣教の日】 先週の月曜日、私の見ているTwitterのタイムラインが、眼鏡の写真やイラストで埋め尽くされてしまう事件がありました。いったい何事だろう? と思ったら、どうも10月1日は「眼鏡の日」だったらしく、それに乗…

『堕落したら終わり?』 出エジプト32:7〜14、ヘブライ人への手紙6:4〜12 

礼拝メッセージ 2018年9月30日 【死刑宣告】 「その後に堕落した者の場合には、再び悔い改めに立ち帰らせることはできません」……まるで死刑宣告のように聞こえてくる言葉です。堕落したら終わり、もう悔い改めさせることはできない。後はただ滅ぶに任せるだ…

『苦しまないといけませんか?』 マルコによる福音書14:26〜31、コロサイの信徒への手紙1:24〜29

礼拝メッセージ 2018年9月23日 【苦しみは必然?】 不謹慎なのを承知の上で、わたしはパウロについて思うことがあるんです。実は、彼は相当なマゾヒストなんじゃないだろうか? 皆さんもそう感じません? 24節で言っていました。「今やわたしは、あなたがた…

『裏切り者のあなたへ』 マルコによる福音書14:10〜25

礼拝メッセージ 2018年9月14日(於:付知教会) 【呪われた裏切り者】 「だが、人の子を裏切るその者は不幸だ。生まれなかった方が、その者のためによかった」……この言葉が、自分に向けられているなんて、絶対に思いたくないですよね? だからこそ、敢えて今…

『こんな奉仕できません!』 マルコによる福音書14:3〜9、コリントの信徒への手紙二9:6〜15

礼拝メッセージ 2018年9月9日 【喜んで与えられない】 不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりに、喜んで与える人になりなさい……パウロが書いた手紙は、私たちにこう勧めてきます。これはもともと、コリント教会の人々へ、困窮…

『呪われたくありません』 マルコによる福音書12:41〜44、ガラテヤの信徒への手紙1:6〜10

礼拝メッセージ 2018年9月2日 【どうして呪ったの?】 「呪われるがよい」という言葉、非常にショックを与える言葉、それをガラテヤの信徒への手紙に書きなぐったのは、キリスト者を迫害する者でも攻撃する者でもなく、愛と平和を宣べ伝えているはずの宣教者…

『この愛は本物じゃないかもしれません』(vol.2)マルコによる福音書12:28〜34、コリントの信徒への手紙一13:1〜13

礼拝メッセージ 2018年8月26日(於:田瀬教会) 【愛のハードルが高すぎる】 世の中で最も崇められているもの、憧れられているものがあるとすれば、それは「愛」でしょう。ヒット曲の多くは、愛にまつわる詩が歌われています。映画や小説には、ラブロマンス…

『この愛は本物じゃないかもしれません』(vol.1) マルコによる福音書12:28〜34、コリントの信徒への手紙一13:1〜13

礼拝メッセージ 2018年8月26日(於:華陽教会) 【愛がなければ価値はない?】 「善人と偽善者との違いは何か?」と聞かれたら、「そこに愛があるか否かだろう」と返されることが、最も多いと思います。愛がなければ、どんな善行も自分勝手な行いにしかなら…

『捨てられちゃった……』 イザヤ書5:1〜7、使徒言行録13:44〜52

礼拝メッセージ 2018年8月19日 【捨てられたイスラエル】 神様に見捨てられた……と感じた経験はあるでしょうか? イスラエルの民は少なくともこれを二度経験します。一つは、アッシリアによって北イスラエルが滅ぼされたとき、もう一つは、バビロニアによって…

『洗礼を受けたらこうならないといけませんか?』 ミカ書6:1〜8、エフェソの信徒への手紙4:25〜32

礼拝メッセージ 2018年8月12日 【新しい生き方】 「クリスチャンは、みんなこういう生き方をしているのですか?」……そう聞かれたら困ってしまうことが、今読んだエフェソの信徒への手紙に書かれていました。神様を信じる前の生き方ではなく、神様を信じた後…

『この家族は平和になれますか?』 創世記27:41〜45、エフェソの信徒への手紙5:21〜6:4

礼拝メッセージ 2018年8月5日 【家族と平和】 平和について語るとき、「家族」という言葉ほど便利なものはありませんでした。私たちが「争いのない平和な世界」と聞いてまず思い浮かべるのは、家族と平和に過ごせる世界です。お父さんとお母さんが喧嘩しない…

『神様ハラスメント』 マルコによる福音書9:42〜50、ヘブライ人への手紙12:3〜13

礼拝メッセージ 2018年7月29日 【獅子の子落とし】 「獅子の子落とし」という諺があります。皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょう。簡単に言えば、ライオンは子どもが生まれて3日経つと、我が子を深い谷へ投げ落とし、生き残った子だけを育てるという言…

『お前は要らないとは言えず……』 民数記11:24〜29、コリント一12:14〜26

礼拝メッセージ 2018年7月22日 【お前は要らない】 「お前は要らない」……たったひと言で致命的なダメージを与える言葉、大切な仲間から絶対に聞きたくない言葉、私たちが最も恐れている言葉です。似たような意味を持つ言葉がいくつかあります。「うざい」「…