ぼく牧師 〜聖書研究・礼拝メッセージ、ときどき雑談〜

岐阜市の華陽教会にいる牧師個人のブログ

礼拝メッセージ

『タダ飯が食えるよ』 イザヤ書55:1〜10

礼拝メッセージ 2018年12月9日 【招いちゃっていいの?】 「来て、銀を払うことなく穀物を求め、価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ!」冒頭から、かなり太っ腹な言葉が聞こえてきました。聖書の中で、たいていは裁きと審判を強調する預言者が、ここまで…

『はよ救って……』 エレミヤ書33:14〜16、ルカによる福音書21:25〜36

礼拝メッセージ 2018年12月2日 【アドヴェントに何を待つ?】 今日から私たちは、アドヴェントの時期に入りました。アドヴェントというのは「到来」という意味のラテン語から来た言葉で、救い主イエス・キリストの到来したクリスマスを楽しみに待つ4週間です…

『ギャップがすごい王様』 サムエル記下5:1〜5、ルカによる福音書23:35〜43

礼拝メッセージ 2018年11月25日 【収穫したけど】 「刈り入れの主をほめたたえよ」……メロディーを聞くだけで、自然とワクワクしてきた方もおられるでしょう。今歌った賛美歌は、神様から与えられた実りと恵みに感謝する収穫感謝の賛美歌です。わざわざ私が口…

『私が何だって言うんです?』 出エジプト記3:1〜15

礼拝メッセージ 2018年11月18日 【なぜか選ばれてしまった】 以前、私が牧師になるための試験を受けるとき、推薦を受ける教区の教師からこんな質問を受けたことがあります。「あなたは神様からちゃんと召命を受けていますか?」……召命というのは、キリスト教…

『ゆるしてくれますか?』 創世記9:8〜17、ローマの信徒への手紙5:12〜21

礼拝メッセージ 2018年11月4日 【死ぬ前の不安】 今日は、召天者記念礼拝です。いつもと違って礼拝堂の前に、亡くなった方々の写真がズラッと並んでいます。これは別に、今から怪しげな儀式をしようというのではありません。私たちが地上の教会に集まってき…

『良い知らせと悪い知らせがある』 ヨブ記38:4〜18、使徒言行録14:8〜20

礼拝メッセージ 2018年10月28日 【良い知らせと悪い知らせ】 「良い知らせと悪い知らせがある」……ハードボイルドな小説か映画のワンシーンに出てきそうな言葉が、今日のメッセージのタイトルでした。一週間、教会の前に貼り出されていた礼拝案内を見て、道行…

『信仰によってないでしょ!』 出エジプト記2:11〜22、ヘブライ人への手紙11:23〜28

礼拝メッセージ 2018年10月14日 【信仰によって生きなさい】 信仰によって生きなさい……教会にいれば、耳にタコができるくらい聞いてきた言葉、くどいほどメッセージのタイトルで見てきた言葉、聖書にも繰り返し出てきた言葉です。皆さん、お馴染みのテーマが…

『何に従えばいいんです?』 使徒言行録5:27〜42

礼拝メッセージ 2018年10月7日 【世界宣教の日】 先週の月曜日、私の見ているTwitterのタイムラインが、眼鏡の写真やイラストで埋め尽くされてしまう事件がありました。いったい何事だろう? と思ったら、どうも10月1日は「眼鏡の日」だったらしく、それに乗…

『堕落したら終わり?』 出エジプト32:7〜14、ヘブライ人への手紙6:4〜12 

礼拝メッセージ 2018年9月30日 【死刑宣告】 「その後に堕落した者の場合には、再び悔い改めに立ち帰らせることはできません」……まるで死刑宣告のように聞こえてくる言葉です。堕落したら終わり、もう悔い改めさせることはできない。後はただ滅ぶに任せるだ…

『苦しまないといけませんか?』 マルコによる福音書14:26〜31、コロサイの信徒への手紙1:24〜29

礼拝メッセージ 2018年9月23日 【苦しみは必然?】 不謹慎なのを承知の上で、わたしはパウロについて思うことがあるんです。実は、彼は相当なマゾヒストなんじゃないだろうか? 皆さんもそう感じません? 24節で言っていました。「今やわたしは、あなたがた…

『裏切り者のあなたへ』 マルコによる福音書14:10〜25

礼拝メッセージ 2018年9月14日(於:付知教会) 【呪われた裏切り者】 「だが、人の子を裏切るその者は不幸だ。生まれなかった方が、その者のためによかった」……この言葉が、自分に向けられているなんて、絶対に思いたくないですよね? だからこそ、敢えて今…

『こんな奉仕できません!』 マルコによる福音書14:3〜9、コリントの信徒への手紙二9:6〜15

礼拝メッセージ 2018年9月9日 【喜んで与えられない】 不承不承ではなく、強制されてでもなく、こうしようと心に決めたとおりに、喜んで与える人になりなさい……パウロが書いた手紙は、私たちにこう勧めてきます。これはもともと、コリント教会の人々へ、困窮…

『呪われたくありません』 マルコによる福音書12:41〜44、ガラテヤの信徒への手紙1:6〜10

礼拝メッセージ 2018年9月2日 【どうして呪ったの?】 「呪われるがよい」という言葉、非常にショックを与える言葉、それをガラテヤの信徒への手紙に書きなぐったのは、キリスト者を迫害する者でも攻撃する者でもなく、愛と平和を宣べ伝えているはずの宣教者…

『この愛は本物じゃないかもしれません』(vol.2)マルコによる福音書12:28〜34、コリントの信徒への手紙一13:1〜13

礼拝メッセージ 2018年8月26日(於:田瀬教会) 【愛のハードルが高すぎる】 世の中で最も崇められているもの、憧れられているものがあるとすれば、それは「愛」でしょう。ヒット曲の多くは、愛にまつわる詩が歌われています。映画や小説には、ラブロマンス…

『この愛は本物じゃないかもしれません』(vol.1) マルコによる福音書12:28〜34、コリントの信徒への手紙一13:1〜13

礼拝メッセージ 2018年8月26日(於:華陽教会) 【愛がなければ価値はない?】 「善人と偽善者との違いは何か?」と聞かれたら、「そこに愛があるか否かだろう」と返されることが、最も多いと思います。愛がなければ、どんな善行も自分勝手な行いにしかなら…

『捨てられちゃった……』 イザヤ書5:1〜7、使徒言行録13:44〜52

礼拝メッセージ 2018年8月19日 【捨てられたイスラエル】 神様に見捨てられた……と感じた経験はあるでしょうか? イスラエルの民は少なくともこれを二度経験します。一つは、アッシリアによって北イスラエルが滅ぼされたとき、もう一つは、バビロニアによって…

『洗礼を受けたらこうならないといけませんか?』 ミカ書6:1〜8、エフェソの信徒への手紙4:25〜32

礼拝メッセージ 2018年8月12日 【新しい生き方】 「クリスチャンは、みんなこういう生き方をしているのですか?」……そう聞かれたら困ってしまうことが、今読んだエフェソの信徒への手紙に書かれていました。神様を信じる前の生き方ではなく、神様を信じた後…

『この家族は平和になれますか?』 創世記27:41〜45、エフェソの信徒への手紙5:21〜6:4

礼拝メッセージ 2018年8月5日 【家族と平和】 平和について語るとき、「家族」という言葉ほど便利なものはありませんでした。私たちが「争いのない平和な世界」と聞いてまず思い浮かべるのは、家族と平和に過ごせる世界です。お父さんとお母さんが喧嘩しない…

『神様ハラスメント』 マルコによる福音書9:42〜50、ヘブライ人への手紙12:3〜13

礼拝メッセージ 2018年7月29日 【獅子の子落とし】 「獅子の子落とし」という諺があります。皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょう。簡単に言えば、ライオンは子どもが生まれて3日経つと、我が子を深い谷へ投げ落とし、生き残った子だけを育てるという言…

『お前は要らないとは言えず……』 民数記11:24〜29、コリント一12:14〜26

礼拝メッセージ 2018年7月22日 【お前は要らない】 「お前は要らない」……たったひと言で致命的なダメージを与える言葉、大切な仲間から絶対に聞きたくない言葉、私たちが最も恐れている言葉です。似たような意味を持つ言葉がいくつかあります。「うざい」「…

『穏やかじゃない』 サムエル記上17:38〜50、コリントの信徒への手紙二6:1〜10

礼拝メッセージ 2018年7月15日 【手紙が連想させるもの】 先ほどのパウロの手紙の終わりには、印象に残る言葉が書かれていました。「わたしたちは人を欺いているようでいて、誠実であり、人に知られていないようでいて、よく知られ、死にかかっているようで…

『この村に入ってはいけない』 マルコによる福音書8:22〜26

礼拝メッセージ 2018年7月8日 【群衆を避けるイエス様】 見えない人が見えるようになる話、盲目の人が癒される話……心温まる良い話のはずなのに、私たちは最後の言葉で微妙な気持ちになってしまいます。「この村に入ってはいけない」……不思議ですよね。盲人が…

『公然の当然に憮然とするパウロ』 エレミヤ書23:23〜32、ガラテヤの信徒への手紙5:2〜11

礼拝メッセージ 2018年7月1日 【伝統に従う教会】 スカートを履くことが嫌で嫌でたまらない女の子がいました。彼女は小学校の間、一度も自分からスカートを履いたことはありませんでした。しかし中学校にあがったら、女子はみんなスカートの制服を履かなけれ…

『そんな計画ありですか?』 エステル記4:5〜17、マルコによる福音書6:14〜29

礼拝メッセージ 2018年6月24日 【ギョッとする計画】 今日は日本基督教団創立記念日であり、同時にこの後、私の就任式が行われます。そんな日に、なんてところを話すのだろう! と思われたかもしれません。教団の出版局から発行されている『信徒の友』をご覧…

『見えなくなる』 アモス書7:10〜17、使徒言行録13:4〜12

礼拝メッセージ 2018年6月17日 【罰を受ける話】 「見えなくなる」というタイトルのとおり、今日のメッセージは、ある人の目が見えなくされる話です。普段皆さんが、自分の身に起きてほしいとは思わないこと。自分とは関係ない話であってほしいと願うところ…

『役に立つ悪霊?』 サムエル記上16:14〜23、使徒言行録16:16〜24

主から来る悪霊? 悪霊が使徒を宣伝?……「子どもの日花の日」に、あまり子どもに聞かせたくない聖書の言葉から何を聞く?(・・;) 2018年6月10日主日礼拝から……

『やめられないとまらない』 歴代誌下15:1〜8、使徒言行録4:13〜31

キリスト教の伝道は、やめられないとまらない……?(・・;) 伝道を止めるよう脅されたペトロとヨハネが、祭司たちに抵抗した場面から…… 2018年6月3日主日礼拝

『私が神の子なわけないでしょう?』 マルコによる福音書1:9〜11、ローマの信徒への手紙8:12〜17

礼拝メッセージ 2018年5月27日 【神の子とする霊】 「あなたがたは、神の子とする霊を受けたのです」……これは、パウロからローマの信徒たちへ宛てられた手紙に出てくる言葉です。神様を信じている人、洗礼を受けた人、イエス様を礼拝している人たちに向けて…

『二枚舌どころじゃない』 申命記6:4〜9、使徒言行録2:1〜16

礼拝メッセージ 2018年5月20日 【奇妙な現象】 皆さん、おめでとうございます。今日はペンテコステです。弟子たちがイエス様から聖霊を送られて、キリスト教の宣教が始まった日、教会の誕生日とも呼ばれる記念日です。いつもと違う讃美歌を、いつもと違うや…

『あなたのものは私のもの』 エフェソの信徒への手紙1:15〜23、ヨハネによる福音書17:1〜13

礼拝メッセージ 2018年5月13日 【似ている言葉】 「お前のモノは俺のモノ、俺のモノも俺のモノ」……小さい頃、私も毎週のように見ていた国民的アニメ『ドラえもん』に出てくる有名なセリフです。そう、あの典型的なガキ大将、ジャイアンのセリフ、皆さんもよ…